アレルギーって治るの?

アレルギーが治った!って聞くけどもう反応は起こらないのでしょうか?

そもそもアレルギーってなんで起こるのか?

 

動物毒、植物毒、異種タンパクなど、体に入って欲しくない物が入ってきた時に教えるシグナルで人間の防衛本能として備わっているのです。だから無かったら人間の存続は無かったかもしれません。

 

しかし最近のアレルギー反応は多種多様になってしまいましたね?毒性物のように体に悪影響を及ぼす物質だけではなくなってしまっています。

 

毒性反応アレルギー

これはシンプルなアレルギー反応で特定成分に接触した所(例 カラーをしたら頭皮がかぶれた)に反応がでます。反応のある特定物質を止めれば治まります。そして改善は可能です。

 

アナフィラキシー

アナフィラキシーも特定物質によって引き起きるのですが全身のどこにでも反応が出ることがあります。(例 カラーをしたらお腹に湿疹が出た)接触した部位以外にも出ます。そして改善はありません。二度と同物質は使えません、命の危険もありえます。

 

自己免疫疾患

現代病と言っても過言ではないくらい増えています。わかりやすい例だと、花粉症の方は正しくは自己免疫疾患でアレルギーと同じ反応ですが実は毒性物質ではなくても反応してしまう免疫の誤作動なのです。こちらも改善は可能です。

 

 

花粉症、アトピー性皮膚炎、喘息、光過敏症、蕁麻疹、金属アレルギー、汗、毛髪、繊維などにも反応があるという人はいつしか美容院での薬剤や化粧品にも反応する可能性が大です。軽度を見過ごし肌を過信していると悪化し反応物質がどんどん増えるのが自己免疫疾患の落とし穴かもしれませんね

コメント